日本歯科医師連盟(高橋英登会長)は3月24日、第130回評議員会を歯科医師会館で開き、平成29年度事業計画・同各会計収支予算など9議案を審議、全議案を原案通り可決確定した。第8号議案の役員選出では、立候補者が会長・監事ともに定数内であったため、会長に現会長の高橋氏、監事に滝澤隆(長野県)・鴨田博司(埼玉県)・中谷譲二(和歌山県)の3氏の就任が承認された。また、副会長等の他の選出については会長一任とされた。当選証書を授与された高橋氏は「連盟活動をさらに周知し、連盟は大切だと言われる組織、連盟活動に参加してよかったと思える組織に変えるべく決意を新たに再び船出する所存」と力強く挨拶した。また、久保田智也副理事長は、日歯連盟の政治資金報告書に「不明と記載されていた繰越金」が実際には約11億円少なかったため、3月1日に総務省に修正を届け出たことの経緯、差異が生じた原因を詳細に説明した(本文参照)。評議員会では、山田宏参議院議員が日歯連盟の顧問に就任することも承認された。