一般社団法人日本老年歯科医学会主催による「高齢期における口腔機能低下症」の概念と診断基準に関する学会見解の報道発表および説明会が11月22日、東京歯科大学で開催された。同学会は「近年、オーラルフレイルや口腔機能低下といった様々な用語が話題となっているが、確立された定義はまだなく、国民にとっても医療従事者にとっても不利益であると考え、今回『口腔機能低下症』の概念・診断基準を定義した」とした。診断基準については、《①口腔不潔、②口腔乾燥、③咬合力低下、④舌・口唇運動機能低下、⑤低舌圧、⑥咀嚼機能低下、⑦嚥下機能低下》の7項目を検査し、このうち3項目が基準以下ならば「口腔機能低下症」と判定して歯科医療従事者の関与を必要とすることを発表した。同学会はかねてより「口腔機能低下症」の診断基準について検討を進めてきたが、10月に学会見解論文をまとめ、広く医療従事者と国民に周知するため説明会を開く運びとなった。説明会には多くのメディアが出席、先ず櫻井薫理事長(東京歯科大学老年歯科補綴学講座教授)による同学会の概要および記者発表に至る経緯に関する報告、学術委員会の水口俊介委員長(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科高齢者歯科分野教授)による「高齢期における口腔機能低下」に関する学会論文の解説が行われた(詳細は本紙参照)。