高橋英登 日本歯科医師連盟の高橋英登会長は、9月18日に開催された第126回臨時評議員会の協議で、髙木前執行部が砂川稔氏を組織代表候補に機関決定した次期参議院議員選挙への対応について、現時点における執行部の考え方を説明した。高橋会長は、東京地検特捜部が日歯連盟の政治資金規正法違反の嫌疑で強制捜査を進めている現在、『不起訴』を勝ち得ることが選挙を戦うことの条件との考えを示した。

提案理由の説明に立った高橋会長は「砂川氏は組織代表候補として機関決定されており、選挙を粛々と進めるのは組織として当然のこと」とした上で「今回の強制捜査により、候補者本人とも連絡を取れないない現状である。また、こうした状況のまま組織選挙を進めたら会員はどのような思いを持つであろうか。日歯連盟の選挙は一般有権者を相手にする選挙ではなく、会員が主体性を持って戦わなくてはならない選挙なのだから『会員がやるぞ』という思いにならない限り戦うことはできない。現状では『選挙を戦う。候補者と共に全国を廻る』と言える状況にはない」と、不起訴を勝ち得ることが砂川選挙を進める条件になる理由を説明した。一方で、不起訴を勝ち得れば、年明けから選挙活動をスタートしても不可能ではないとの考えを示し、選挙を戦うとなったら直ぐに対応できる体制を構築しておく必要性についてもふれた。出席評議員からは高橋会長の説明に対し質問はなく、大筋で理解を示したものと思われる。