厚生労働省は9月3日、平成26年度の「医療費の動向〜概算医療費の年度集計結果〜」を公表した。速報値を見ると、平成26年度の医療費は前年度に比べて約0・7兆円増加し、40・0兆円(39・9556兆円)となった。医療費の診療種類別の内訳は、入院16・0兆円(構成割合40・2%)、入院外13・8兆円(34・5%)、歯科2・8兆円(7・0%)、調剤7・2兆円(18・0%)となっている。

最近10年間の歯科の概算医療費は、数多くの指摘のとおり、平成10年代から20年代初めまでは2・5兆円程度の横這い状態だったが、平成22年度以降、435億円、664億円、363億円、224億円と堅実に伸び、平成26年度はおよそ800億円増加し、ほぼ2・8兆円に届くところまで到達した。これは、大久保日歯前執行部のもとで、歯科界が超高齢社会における歯科医療の新しい役割と責任を共通認識として内外に発信し、臨床現場が率先してその役割と責任に取り組んだ結果に他ならず、当たり前の結果として現れてきたものと言えよう。

また、医療費の伸び率1・8%を診療種別に見ると、入院1・7%、入院外1・3%、歯科2・9%、調剤2・3%となっている。医療機関を受診した延患者数に相当する受診延日数の伸びは▲0・3%で、診療種別にみると、入院▲0・8%、入院外▲0・6%、歯科0・9%となっている。また、1日当たり医療費の伸び率は2・1%。診療種別にみると、入院2・5%、入院外1・9%、歯科1・9%、調剤0・5%となっている。

診療種類別の1日当たり医療費は、全体では1万5500円(前年度比300円/2・1%増)、医科入院が3万4300円(800円/2・5%増)、医科入院外が8200円(100円/1・9%増)、歯科が6700円(100円/1・9%増)、調剤が8900円(0円/0・5%増)、訪問看護が1万1000円(100円/0・7%増)となっている。医療機関の種類別の1施設当たり医療費を見ると、診療所1億24万円(前年度比0・7%増)、歯科診療所3927万円(2・7%増)、保険薬局1億3027万円(0・2%増)などとなっている。